【解説】バーのバイトに出会いはあるのか?

出会い

バーのバイトを、探していくにあたり、バイト先での出会いがあるのか、について気になると思います。

「まずはバーのバイトの特徴と、恋愛に発展するポイント」という観点から、このページでご説明したいと思います。

また、居酒屋のバイトについて、知識ゼロのかたでも大丈夫です!シフトや時給。求人の探し方についても、簡単にまとめました。

バーのバイトに出会いはあるのか?

結論:バーのバイトに出会いはいっぱいあります

結論から言うと、バーのバイトに出会いはあります。
ですが、出会いがあると言っても、絶対に恋愛になるとは、限りません。

一緒にいて楽しい相手と、果たして出会えるのか?

そもそも、バーのバイトが、自分にあっているのか?

バイトを始める前に、この2つを確認していきましょう!

バーのバイトの出会いの相手は?

  1. バイト仲間
  2. お客さん

だいたいは、想定通りの相手だと思います。

1.バーのバイト仲間はどのような人?

バーの一緒に働く仲間は、男性も女性もいます。仕事の時間は夜が基本です。そのため、生活リズムが一緒の仲間ができます。バイトの後に遊んだりと、自然とプライベートでも、遊ぶようになります。

また、バーで働く人は、イメージにもあるように、基本的に、おしゃれな男女が集まります

2.お客さんはどのような人??

バーのお客さんは、地域と、ターゲット層によって変わります
繁華街の、若者が多く集まるバーは、学生や、若い世代の人と、出会えます。
また、地域に根ざしたバーだと、古くからのお客さんや、いろいろな世代の人が集まります。

バーの違いについては、下のよくある質問で、詳しく解説しています!ぜひ参考にしてください!

バーで、しばらくバイトしていると、あなたに会いたくてくるお客さまも、出来たりします。
出会いはたくさんです。

バーのバイトが向いている人の特徴

バーのバイトに、向いている人は、バーでの出会いも、相性のいい人と、出会えます。

  • お酒が好き
  • 人とのコミニケーションが好き
  • 夜型である

これらに当てはまる人は、バーのバイトがむいています。反対に、

  • 生活リズムが大事
  • お酒に興味がない

などに当てはまる人は、バー以外のバイトの方が向いています!


他にも、出会いのあるバイトは、たくさんあります。色々なバイトの記事もまとめました。
読んでくださっている方に、ぴったりのバイトが見つかると思います。ぜひ、参考にしてください!

バーのバイトの仕事は?

ここからは、バーのバイトの特徴を紹介します。
ある程度知っている人は、ここは、飛ばしちゃってください!

バーのバイトの職種

まずは、バーのバイトの職種についてです。

・お酒も作る
・接客や配膳
・軽食の調理
・洗い物や清掃

また、特にバーテンダーと呼ばれる仕事は、特徴があります。

バーテンダーとソムリエ・ウエイターの違いは?

バーテンダーは、お客さまの好みのカクテルを、作ります。そのため、リキュールの調合を、学んだり、シェイカーの振り方を勉強したり、します。

また、バーテンダーは、ただお酒を作れればいいわけでは、ありません。そのお店の雰囲気絵お作るのも、バーテンダーの仕事です。

またバーテンダーには、いろいろな資格があります。アルバイトで、始めてから、勉強すると、お酒にたいして、より詳しくなります。また、資格を持っていると、モテます。

バーのバイトのシフトと時給は?

次は、バーのシフトと、時給についてです。

バーのシフト例

シフトは、夜間になります。そのため、掛け持ちしている人も、多くいます。

バーの時給例

バーでは深夜料金のため、時給が高くなるのが特徴です。
1,500円、前後が相場です。(この辺りは、地域によって、かなり開きがあります。)

バーのバイトのよくある疑問

(動物の画像は順番変えてほしい)

お酒に詳しくなくても、大丈夫ですか?

お酒に詳しくなくても大丈夫です!
バーで働く理由には、お酒に、詳しくなりたい。バーでのマナーを勉強したい。という人もいます。

もしデートで、バーでスマートな振る舞いができたら、男女ともに、かっこいいのは、間違いありません。

バーの種類が、イマイチわかりません

そのその、バーの語源はアメリカです。イギリスでは『パブ』イタリアでは『バール』スペインでは『バル』です。

オーセンティックバー伝統的なスタイル。格式が高く、高級店が多い
ダイニングバーフードも充実。
スタンディングバー立ち飲み。HUBなど
ダーツバーダーツが楽しめる。カジュアルなお店
ショットバー一杯から、楽しめる。その都度お会計のお店もある。

ホテルにあるバーや、オーセンティックバーなどは、マナーに厳しいです、そのため、勉強になります、一方で、ワイワイした雰囲気や、カジュアルな出会いを求める場合。ダーツバーなどの方が、向いています。

女性のバーテンダーは、難しいですか?

近年、女性のバーテンダーは、注目を、集めています。しかし、一方で、求人はまだまだ少なかったりします。

お客さんの、話を聴いたりなど、得意な女性は、特に向いています。ぜひバーテンダーに、挑戦していただきたいです。

恋愛発展ポイントとメリット

  • 雰囲気が最も恋愛に適している
  • お客さん同士も恋愛する

雰囲気が最も恋愛に適している
バーでは、お客さまの恋愛話を、聞いたります。また、お店の雰囲気から、恋愛のムードがムンムンに漂っています。今にでも、ラブストーリーが始まる予感がします。しかし、焦っても、恋愛には、なりません。最初は、雰囲気に合う人になることから、始めましょう。

お客さん同士も恋愛する
お店の雰囲気にもよります、カジュアルなバーでは、お客さま同士も、恋愛が始まったりします。その時は、良き親友役として、背中を押してあげましょう。いつか回り回って返ってきます。

バーのバイトの選び方

バーの求人の探し方

バーの求人を探してみる際は、まずは以下のサイトから探してみるのが良いでしょう!!

さらに、マッハバイトでは、バイトが決まれば最短、翌日に1万円の、お祝い金がもらえるボーナスがあります。(期間は未定なので、詳細はマッハバイトのサイト上で、ご確認ください。)

バーのおすすめの志望動機

面接のポイント

・お店の雰囲気に合っているか?

・嗜みとしての、お酒が好きであること!

バーテンダーの面接の服装は、働く先に合わせて、2通りに別れます。

高級レストランやホテルなどのバーの場合
面接でも、スーツや、しっかりとした服装と髪型が、必要になります。
落ち着いた雰囲気かどうか?
言葉遣いなどの、マナーがしっかりしているか?
など、一定の社会経験によって身に付くものも、求められます。

若者向けのカジュアルバー
スーツでなくてもよいです。バーの雰囲気に合わせた、私服にでアピールすると好印象です。

まとめ

おしゃれな男女が、集まるバー。新しい出会いを探すのには、もってこいのバイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました